副業

【確定申告】副業の基本となる『20万円ルール』確定申告を徹底解説!【副業・税金】

今回は、LINEにご登録頂いている方からのご要望が多かった

「副業の収入に対して確定申告は必要なのか」

この点について解説していきたいと思います。

正規・非正規に限らず、受け取る給料からは事前に”所得税”と呼ばれる税金が差し引かれています。しかしすべてを自分で管理しなければならない副業では、自ら収益を申告し所得税を納める「確定申告」を行う必要があるのです。

副業で初めて収益を得た方すれば不明な点が多々あると思いますので、本記事ではそれらの不安を解決できるように

①確定申告を行わなければならないライン
②確定申告の申請方法
③納め過ぎた税金が戻ってくる「還付金について」

この3つのポイントから、確定申告について徹底的に解説していきたいと思います。

そもそも、副業で収益を上げることが出来ていない……、と言う方に対しては、副業ハローワークの公式LINEにて、ノートPCひとつで年収4000万円を達成した管理人が直接副業をご紹介しております。

一刻も早くお金が欲しい方はぜひご一報ください!

副業 詐欺 怪しい 本当 口コミ 評判 評価

確定申告とは何?納税に関する不安を徹底解説!

①確定申告を行わなければならないライン

基本的に、副業で“年収20万円”以上の所得が出た場合は確定申告を行う必要があります。これがいわゆる「20万円ルール」と呼ばれる規則です。

一般的に企業に勤務しており給与を得ている方であれば、企業が年末調整を行っているため個人で確定申告を行う必要はありません。しかし、給与以外で20万円以上の所得がある場合は、年末調整後に自分で収益を計上し確定申告を行わなければならないのです。

しかし、ここで注意すべきは売上-経費=20万円以上の所得となるため、どれだけ売上が出ていたとしても、経費を引いた結果20万円以下になる場合は確定申告は不要となるのです。
ここで言う経費は、副業を行う上で必要な備品の購入費、事務所の家賃、必要となった光熱費などなどとなります。意外と何でも経費となるため、それらもキチンと加算して20万円を超えるか計算してみてください。

②確定申告の申請方法

副業が軌道に乗り無事20万円以上の所得が発生した方は、しっかりと確定申告を行っていきましょう。確定申告の期限は2月16日~3月15日となっています。(2020年に限り新型コロナウィルス感染拡大の影響により、5月中旬まで期限が延長されています。)

確定申告を行うには以下の3つの方法があります。

・お近くの税務局で直接行う
・自分で書類を作成し税務局に郵送
・国税庁が推奨するe-Taxにて作成する

まったく分からず直接教えてもらいたい方であれば、税務局に相談に行くのが手っ取り早くはありますが、確定申告期間中は混雑している可能性が非常に高いため、自宅で申請することができるe-Tax(確定申告書等作成コーナー)の使用がオススメです。

マイナンバーカードをお持ちの方であれば誰でも無料で使用することができますので、ぜひチェックしてみてください!

e-Tax公式ページはこちら
https://www.e-tax.nta.go.jp/

③納め過ぎた税金が戻ってくる「還付金について」

収めた税金が戻ってくる「還付金」について一度は耳にしたことがある方も多いと思われます。副業で収益が発生した場合は、先に売上から源泉所得税が差し引かれている場合があります。実はこれは税金の前払いであり、確定申告をすると支払済の源泉所得税が戻ってくることがあります。

所得を証明する書類が必要となるため、収入が発生した場合は帳簿につけて保管するように気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

確定申告についてはお金が絡むので非常に不安だと思われます。その上、条件や規則などがややこしくすべてを理解するのはとても難しいでしょう。そのくせ学校では教えてくれないので本当に不親切な制度だと思います。

しかし面倒だからと確定申告を無視してしまうと、本来支払う以上の税金を請求されてしまう可能性があるため、しっかりと行う必要があるのです。

この記事を見ただけではまだ分からない、と言う方には無料でご説明致しますのでぜひ私の公式LINEまでご連絡くださいませ。

副業 詐欺 怪しい 本当 口コミ 評判 評価

-副業
-,

Copyright© 副業ハローワーク|そのネットビジネス、詐欺じゃない? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.